【WordPressプラグイン 初心者おすすめ】Broken Link Checkerでリンクエラーを自動検知!

 

こんにちは、Chiakiです!

 

WordPress記事内のリンクエラーを自動で検知してくれるプラグインBroken Link Checkerの使い方と設定方法を解説していきます。

 

サイトを運営していると、リンク先のサイトが記事を削除・サイト自体を閉鎖したりして、リンクが切れてしまうことがよくあります。

 

こんなふうに表示されてしまうことがたまにあって・・・ icon-hand-o-down 

 

こういったリンク切れは、サイトの信頼性を失ってしまいますし、SEO的にもマイナスなので、きちんと管理しておきたいものなんですね。

 

ただ大きなサイトになればなるほど、自分でリンク先の確認を全てすることは難しいです・・・

 

そんなとき、このBroken Link Checkerがあればサイト内のリンク切れを自動で探知してくれるのでとっても便利なんです!

 

Broken Link Checkerをインストールする

 

「プラグイン」→「新規追加」でBroken Link Checkerをインストールして、有効化します。

 

 

 

Broken Link Checkerの設定方法

 

「設定」→「Broken Link Checker」へ進むとこのような画面になります。

 

 

最初からリンクエラーがでたら訂正線を引っ張ってくれるCSSが入っているので基本的に設定はそのままでも大丈夫です。

 

リンクエラーがあるときは、メールでお知らせしてくれるので便利です。

 

リンクエラーが発生したとき

 

ダッシュボードの「ツール」「リンクエラー」が追加されます。

 

リンクエラーをクリックするとこのような画面がでてくるので、リンク解除すればOKです!

 

 

リンクエラーの管理は定期的に行なっていけるといいですね icon-smile-o 

 

 

ブログで稼ぐために必要なプラグインを厳選!

WordPressをインストールしたら、記事を書く前にまず必要なプラグインをインストールすることをオススメします icon-smile-o 

 

といっても、初心者さんにとってはWordPressプラグインはたくさんの種類があってどれをインストールするべきなのか迷ってしまいますよね・・・

 

適当に多くのプラグインを入れすぎてしまうと、サイトが重くなり表示速度が遅くなったり、検索結果に影響を及ぼす可能性もあるんです・・・ icon-frown-o 

 

なのでブログを運営していくにあたっては、目的・用途に沿って必要なプラグインだけを取り入れることをおすすめします!

 

こちらの記事ではわたし自身も使っている『ブログで稼ぐ』ために必要なプラグインを厳選してご紹介しています icon-hand-o-down 

 

稼ぐブロガーになるためのオススメWordPressプラグイン厳選12!

2019年4月24日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください